お知らせ

【活動報告】『こどもワイワイ体験ワールドin月見の里』を開催いたしました。

2月4日(日)に『こどもワイワイ体験ワールドin月見の里』を開催いたしました。

好きな色を選んでせっけんを作る「宝石せっけんづくり」やカラフルな餡でかわいい形をねんどのように作る
「ねりきりづくり」、ゲーム感覚で鍵盤ハーモニカの新たな魅力に触れる「鍵盤ハーモニカワークショップ」、
手軽に華道を楽しむ「季節のお花を活けよう」といった子どもたち向けの様々なワークショップが一堂に会した
イベントで、参加予約をした子どもたちが、たくさんのワークショップをこの一日で体験しました。

当日は大規模な鉄道模型の展示や、飛び入り参加OKのオセロミニ大会、フェイククッキーデコやプチフラワー
ケーキといった当日参加できるものづくりのミニワークショップも開催し、学遊館の中は多くの人で賑わいました。

2024.02.12

水玉プール 成人体験教室のお知らせ 

3月に、成人の方向けのプールプログラム体験講座が行われます。

4月以降のプールプログラムに参加する前におためしで体験ができますので是非お役立てください。

詳しくは⇓

水玉プール成人体験教室

2024.02.06

【活動報告】月見の里音楽劇プロジェクト「月のうさぎ演技チーム」11月~12月

月見の里学遊館開館20周年を記念して始動した「市民音楽劇プロジェクト」が第2期演技参加者を募集し、5月末から活動を始めました。2月24日にはメロープラザにて音楽劇「月のうさぎ」の音楽に焦点をあてた「月のうさぎコンサート」を開催することなり、第一部で「月のうさぎ」のせりふ劇を披露するこどもたちは練習に励んでいます。

11月には、せりふの練習に加えて、効果音の楽器を自分たちでつくるワークショップを企画し、昨年の音楽劇公演で舞台美術や衣装を担当いただいた宮沢のり子さんを講師としてお迎えして、効果音楽器づくりワークショップを開催しました。演技チームだけでなく、ご家族やお友達も参加していただき、バードコールや附け打ちのバチ、スライドホイッスルなどを作りました。この自分たちで作った楽器を使用して本番に臨みます。

12月は実際の舞台を想定してマイクの前での練習が始まり、ダンスチーム講師のリサ先生によるダンス練習も行いました。

コンサート本番まで残り1か月、皆さんの心に届くコンサートを作るため、練習に励みます。どうぞお楽しみに。

 

月見の里音楽劇プロジェクト|イベントガイド|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

 

助成:一般財団法人 地域創造

 

★第一期の開館20周年記念 市民音楽劇プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください↓

市民音楽劇プロジェクト について|お知らせ|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

 

2024.01.30

「月見の里混声合唱団」ふじの国芸術祭合唱コンクール参加しました

11月19日(日)静岡グランシップで開催されましたふじの国芸術祭合唱コンクールに月見の里混声合唱団が参加いたしました。

当日は一般参加12団体、グランプリは浜松ライオネット児童合唱団、奨励賞に静岡英和女子学院中・高等学校/清水合唱団/月見の里混声合唱団の3団体が選ばれました。

結成して1年半見事なハーモニーを会場に響かせ、講師の先生から暖かなお言葉をいただきました。2月グランシップにて表彰式が行われます。

 

2023.11.20

【活動報告】月見の里音楽劇プロジェクト「月のうさぎ演技チーム」9月~10月

月見の里学遊館開館20周年を記念して始動した「市民音楽劇プロジェクト」が第2期演技参加者を募集し、5月末から活動を始めました。2回目の本番となる音楽劇「月のうさぎ」公演開催は令和7年度を予定しています。

9月には、2月の「月のうさぎコンサート」の台本読みも始まり10月には配役も発表され、本格的に練習が始まりました。今回はセリフ劇+室内楽の演奏ということで、音楽劇のような大きな動きはないため、セリフにより心をこめられるかが大切になります。初めて参加するメンバーも自己練習しているのか、初めての台本読みでも、気持ちを込めて読むことができました。

10月後半には台本読みに加え、2月のコンサートで効果音も担当することになったので、第1回公演の効果音でご出演いただき、松竹歌舞伎などでも活躍されている歌舞伎附け打ち師の山﨑徹さんをお迎えして「効果音ワークショップ」を開催しました。

どの場面で誰が効果音を担当するか決めたり、具体的にどんな風に音を出せばよいか、山﨑さんから1日かけて教わりました。最後には、セリフも交えながら効果音を出す練習をすることができました。

コンサート本番まで残り4か月、皆さんの心に届くコンサートを作るため、練習に励みます。どうぞお楽しみに。

 

 

月見の里音楽劇プロジェクト|イベントガイド|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

 

助成:一般財団法人 地域創造

 

★第一期の開館20周年記念 市民音楽劇プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください↓

市民音楽劇プロジェクト について|お知らせ|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

 

2023.11.07

【活動報告】月見の里音楽劇プロジェクト関連WS「歌舞伎附け打ち体験ワークショップ」を開催しました。

月見の里音楽劇プロジェクト関連ワークショップとして「歌舞伎附け打ち体験ワークショップ」を10月29日(日)に山名コミュニティーセンターにて開催しました。

2月の音楽劇の効果音をご担当いただいた、松竹歌舞伎などで活躍されている歌舞伎附け打ち師の山﨑徹さんをお迎えし、11名の参加者が、まずは歌舞伎の基礎や附け打ちの基礎を学び、その後、実際の映像に合わせて附け打ちの音を出してみました。歌舞伎の映像だけでなく、コロナ禍に製作された歌舞伎役者が、日常生活のなかで見得をきる「おうちで見得~る」や最後にはクイーンの「we will rock you」に合わせて附け打ちするなど、新しい内容が盛りだくさんで、2時間があっいう間に感じるほど内容の濃いワークショップとなりました。

山﨑さんはこのあと、スペインでフラメンコと附け打ちが共演をする演目に出演されるそうで、海外で日本の伝統文化が評価されているなか、もっと日本に住む私たちが日本の伝統文化について学ぶ必要があると感じました。

山﨑さんは日本全国でも「附け打ち」を広めるワークショップを開催されています。ぜひ、下記のサイトをご覧ください。

★山﨑徹さんサイト

附けの會 (tsukenokai.com)

 

 

月見の里音楽劇プロジェクト|イベントガイド|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

助成:一般財団法人 地域創造

 

 

 

 

 

2023.11.06

【活動報告】月見の里音楽劇プロジェクト「月のうさぎ演技チーム」5月~7月

月見の里学遊館開館20周年を記念して始動した「市民音楽劇プロジェクト」が第2期演技参加者を募集し、5月末から活動を始めました。2回目の本番となる音楽劇「月のうさぎ」公演開催は令和7年度を予定しています。

6月には、5月に先生が読んでくださった紙芝居を参考にして、チームに分かれ、紙芝居の朗読を練習し、みんなの前で発表するワークショップを行いました。効果音を入れたり、抑揚をつけたり、どのチームも工夫をして発表していました。

7月1日には、初めてこのメンバーで台本を読んでみましたが、新しいメンバーがいるにも関わらず、最初とは思えないほど、しっかりと読むことができました。

7月22日は、1年半ぶりにミュージカル俳優の綿引さんをお招きし、演技チームとこうさぎ合唱団でワークショップを行いました。テーマソングの「耳をしまして」の歌詞を読みながら、それぞれの歌詞はどんな色のイメージか考えたり、チームに分かれて、チームのメンバーに「耳をすまして~」と歌いながら、メンバーの誰かにジェスチャーでボールを受け渡すことで、ただ歌うのではなく、相手に音を届けることを意識することを学びました。最後に、全員で肩を組んで歌うと、メンバーの声がよく聞こえ、みんなで心を合わせて歌っていることを感じることができました。今回もこどもたちにとって、大きな学びのあるワークショップとなりました。

7月29日は、演技チームでダンスの練習を行いました。普段からダンスを習っているこどもたちもいて、新しい振り付けもあっという間に覚えることができました。

8月はワークショップもお休みでしたが、2月に音楽劇の音楽に焦点を当てたコンサートを開催することになり、9月からは本格的にそのコンサートに向けて練習します。2月のコンサートも、どうぞお楽しみに。

 

月見の里音楽劇プロジェクト|イベントガイド|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

 

助成:一般財団法人 地域創造

 

★第一期の開館20周年記念 市民音楽劇プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください↓

市民音楽劇プロジェクト について|お知らせ|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

 

2023.08.28

【活動報告】月見の里音楽劇プロジェクト「月のうさぎ演技チーム」の活動が始まりました。

月見の里学遊館開館20周年を記念して始動した「市民音楽劇プロジェクト」が第2期演技参加者を募集し、5月末から活動を始めました。2回目の本番となる音楽劇「月のうさぎ」公演開催は令和7年度の予定です。

16名の演技ワークショップ参加者のうち、9名は第1期からの継続メンバーで、7名が新たに加入しました。

第2期最初の演技ワークショップは、第1回公演の反省や良かったところを発表したり、2人ずつチームを組んで、10冊の絵本の中から好きな本を選び朗読を発表するための準備を行いました。新しく加わられた演技講師の春日井先生による「北風と太陽」の朗読を皆で聞き、効果音や声の抑揚、声の使い分けなど、プロの俳優が絵本を朗読するとどんな風に表現されるかを体験しました。

第2期は第1期を踏まえ、より人の心に届く音楽劇を目指し、引き続き基礎的な演技練習に加え、表現力やダンス、創造性のあるワークショップも行い、準備していきます。

こうさぎ合唱団は毎週の練習を継続しており、ダンスやものづくりも後期から活動の予定です。プロジェクトの詳細は下記をご覧ください。

月見の里音楽劇プロジェクト|イベントガイド|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

 

助成:一般財団法人 地域創造

 

★第一期の開館20周年記念 市民音楽劇プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください↓

市民音楽劇プロジェクト について|お知らせ|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

 

 

 

 

2023.06.03

【活動報告】10周年企画「映画をつくろう!の映画」が終了しました。

「映画をつくろう!」活動10周年を記念して開催された「映画をつくろう!の映画」が3月29日(水)に終了しました。

参加者⼀⼈⼀本の脚本(15~20分)を完成させることを目標に、第一線で活躍されている袋井市出身の映画監督、池田千尋さんと月見の里学遊館、中高生10名の参加者自宅をzoomで繋げて、5、6月の計5回ご指導いただき、10本の脚本が完成しました。その中で、新井誠太さんの脚本「玄冬」が選ばれ、その脚本をもとに、プロとして活動している映画スタッフの皆さんと共に春休みに映画の撮影を行いました。

3月4日のオリエンテーションで10名の中高生撮影スタッフの顔合わせがあり、24日、25日には撮影に向けての準備を行いました。カフェの雰囲気を出すメニューや小物を作ったり、衣装を合わせたり、中高生撮影スタッフが何度もLINEでやり取りを行いました。新しい機材の使用方法や、オーディションで決定した出演者とのリハーサルなども実施し、撮影に向けてチームワークもできてきました。

撮影場所は、磐田南高等学校の体育館や袋井市内の公園、メロープラザなどをお借りし、3日間で行われました。

監督、カメラマン、音響、録音、演出などチームに分かれて自分たちの仕事に取り組みますが、重い機材を運んだり、困った時は皆で協力して映画づくりを行いました。

このワークショップは、中高生が自分たちの頭で考え、行動するということを大切にしているため、参加者の中高生は悩んだり、壁にぶつかることもありました。特に、監督と脚本を担当した新井さんは、演者へどんな演技をしてほしいか共有したり、カメラマン担当の中村さんとどんなアングルで撮るかなど細かいことを考えなければならず、ほかのメンバーよりも早く来て撮影に向けて準備していました。

これまで見たことのない機材を使って、本格的な撮影となりましたが、小学生から参加してきた中高生がこれまでの経験をもとに見事な動きを見せたり、初めての参加者もすぐにほかのメンバーと打ち解けて、撮影も無事に終了することができました。また、オーディションで選ばれた出演者の皆さんも事前に渡された脚本をしっかり頭に入れ、すぐに監督の指示に対応するなど大人顔負けの演技を魅せてくださいました。そして、たくさんのエキストラ参加の中高生も協力してくださり、あっという間の3日間となりました。

終わった後も、編集作業などが続いています。上映会は夏ごろを予定していますので、10年の集大成となった作品をぜひ楽しみにお待ちください。

映画をつくろうの活動についてはこちらをご覧ください↓

主な事業・団体紹介|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

(89) 映画をつくろう! の放送室 – YouTube

 

 

2023.04.11

【活動報告】市民音楽劇「月のうさぎ」公演 無事に終了しました!

2月26日(日)に月見の里学遊館 開館20周年記念 市民音楽劇「月のうさぎ」公演が無事に終了しました。

2公演共に完売となり、たくさんの皆様にご来場いただきまして、有難うございました。たくさんのお客様から「感動した!」「元気をもらった!」という温かいお言葉をいただきました。

月見の里学遊館に関わる団体や新しいメンバーを加えて、音楽劇の上演に向けて準備するプロジェクトとして、2年以上の準備期間と、1年にわたる練習を経て、本公演を上演しました。

最初はどんな公演になるか全く想像がつかず、多くの不安がありましたが、参加者の皆さんの素晴らしい頑張りと、講師・制作者の皆さんのお力で、どんどん成長していく音楽劇を観て、本番が本当に楽しみになりました。

活動の趣旨の柱である、違うジャンルの参加者の交流によって、演技のみ、ダンスのみ、歌のみでは体験できなかった刺激や学びを得て、それぞれの参加者が大きく成長しました。また、最初は繋がりのなかった参加者同士がどんどん交流し、各チームも越えて繋がりができた姿を見ることができました。

長い期間練習に参加してくださった地域の出演者の皆様、人の心に届く公演を作るために熱心に関わってくださった制作者、講師の皆様、素敵な衣装や舞台美術を作ってくださったものづくり製作の皆様、プロとして公演を盛り上げてくださった出演者の皆様、舞台技術の皆様、毎回の送迎や自宅での練習を見守ってくださった保護者の皆様、一般参加の皆様やボランティアの皆様など、多くの方にご支援いただきました。関わってくださった皆様に改めて感謝申し上げます。

最後に、このプロジェクトは、活動当初から文化芸術を通して人の繋がりや成長を促すことを目標としていますので、継続事業として第2回公演に向けて活動を続けます。詳しいことは決まり次第、ホームページなどでお知らせします。

ご興味のある方は、ぜひ、活動にご参加ください。

 

【DVD販売について】

公演のDVDも販売しておりますので、「もう1度、あの公演を観たい!」「観ていない方に観てもらいたい!」という方は、ご購入をお願いします。

【締切3/6(月)】市民音楽劇「月のうさぎ」本公演DVD・ブルーレイ販売について|お知らせ|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

 

※公演はゲネプロの写真をアップしています。ご了承ください。

 

★開館20周年記念 市民音楽劇プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください↓

市民音楽劇プロジェクト について|お知らせ|袋井市月見の里学遊館 オフィシャルサイト (tsukiminosato.com)

助成:一般財団法人 地域創造 支援:アーツカウンシルしずおか

 

 

 

2023.03.04