袋井市月見の里学遊館は「参加」「体験」「創造」を盛り込んだ楽しい施設です。

お知らせ

【室内楽アカミデー2017】昨日のレッスンの様子が本日の新聞に掲載されました!

昨日のレッスンの様子が本日の静岡新聞と中日新聞(朝刊)に掲載されましたので、ぜひ、ご覧ください。

 

2017.08.22

【事業報告】月見の里室内楽アカデミー2017が始まりました!

今年で4回目となる、「月見の里室内楽アカデミー2017」が昨日8月21日より始まりました。

室内楽とは複数の人が同時に演奏を行う合奏(アンサンブル)のための音楽のことで、ヴァイオリンなどの弦楽器、サックス、フルートなどの管楽器とピアノなどで合奏(アンサンブル)を行います。月見の里学遊館の「うさぎホール」はこの室内楽を演奏するのに最適なホールで、このホールの特徴を活かし、演奏家の更なる音楽技術の向上や共に音楽を奏でる素晴らしさを伝える目的で「月見の里室内楽アカデミー」を毎年夏に開催しています。

21日~27日までの開催期間中、国内外の一流音楽家を講師にお迎えして、袋井市周辺だけでなく全国から集まった受講生たちが合奏(アンサンブル)のレッスンを受けます。

このレッスンの様子や、成果を披露するファイナルコンサート、法多山や市役所での出張コンサートも皆様にお聴きいただくことができます。ぜひ、月見の里室内楽アカデミーの情報をウェブサイトにてご覧ください。皆様のご来館、ご来場をお待ちしております。

 

【サックスの須川展也コースレッスンの様子】

2017.08.22

【WS活動報告】空と風とモビールと

8月6日に金工体験ワークショップ「空と風とモビールと」を開催しました。

例年好評をいただいている金工体験ワークショップですが、今年度は見た目も涼しげな金属のモビールつくりに挑戦です。日ごとに暑さの増すこの時期にぴったりですね!

 

最初に、講師の桑山明美先生からモビールの由来や解説、作り方を丁寧に教えていただきます。

様々な模様の工具を使い、加工すること数十分。

 

オリジナルの金属パーツが完成しました!細かな彫刻が綺麗ですね。

次に流木を選んで、バランスをとりながら金属パーツを結べば…。

モビールの完成!皆さんとってもいい笑顔です。

 

普段はなかなか接する機会のない本格的な金工体験でしたが、桑山先生の丁寧な指導のおかげで、みなさん最後は夢中でトンカチを振るって取り組んでらっしゃいました。

 

「思ったより難しかったけど、楽しかった!」「また参加したい!」というお声もたくさん頂きました。

みなさん、ご参加ありがとうございました!

2017.08.08

【WS報告】月見の里ボタニカルライフ①「フレッシュハーブレッスン」

去る6月11日に「月見の里ボタニカルライフ①」を開催いたしました。

第1回目は「フレッシュハーブレッスン」。

学遊館敷地内の「月見の里ハーブガーデン」で

今の時期のびのび育っている新鮮なハーブを収穫しました。

 

収穫したハーブはお味噌や塩などと混ぜ、香り高い調味料に。

また通常乾燥したハーブで淹れることの多い「ハーブティー」を今回は特別にフレッシュハーブで淹れました。

出来上がったハーブの調味料はディップとして生野菜につけていただきました。

新鮮な香り豊かな調味料に参加者の方々はその活用方法や効能について

講師のお話に熱心に聞き入っていらっしゃいました。

「一連の流れを体験できて良かった」等

うれしい感想をたくさんいただきました。

ご参加いただきありがとうございました。

次回は、10月22日(日)の月見の里ボタニカルライフ②「ドライハーブレッスン」です。

乾燥させた月見の里ハーブガーデンのハーブを利用してその効能や

活用方法を学びます。

ぜひご参加ください。

10月22日(日)10:00~12:00

受付開始:8月16日(水)~

 

2017.06.21

【活動報告】今年度のオーケストラによる学校訪問コンサートが終了しました。

今年も「月見の里うさぎオーケストラ」による「学校訪問コンサート」を袋井市内の下記小学校にて4回開催しました。

①5/2(火)袋井西小学校 ②5/12(金)三川小学校 ③6/1(木)笠原小学校 ④6/6(火)浅羽北小学校

コンサートは、全校生徒と保護者が体育館に集まり、エルガーの「威風堂々」から始まりました。楽器紹介のコーナーでは、オーケストラで使用されている楽器について学び、たくさんの子どもたちが楽器の名前をあてる質問に答えてくれました。また、金管楽器紹介のラテン音楽「コパカバーナ」では、先生たちもマラカスなどの楽器を持ってリズムに乗りながら演奏に参加していただきました。

「カルメン」では、笠原小学校の全校生徒や浅羽北小学校の6年生がオーケストラ奏者の足元に集まり、更に間近で演奏を聴く体験をしました。

後日、子どもたちからは「素敵な演奏を聴かせてくれて有難う。聴いていて嬉しい気持ちになりました。」「演奏家の人たちは、努力をして苦労したりして上手に弾けているんだなと思いました。」「まるで歌が物語を語っているようでした。」というような素晴らしい感想をいただきました。

来年は、また多くの子どもたちにオーケストラの生演奏をお届けしたいと思っております。

※Facebookでは、コンサートの様子を動画で発信しておりますので、ぜひ、ご覧ください。

https://www.facebook.com/tsukiminosato2014/

 

 

2017.06.10

【活動報告】小学校の体育館にてオーケストラによる学校訪問コンサートを開催!

今年も「月見の里うさぎオーケストラ」による「学校訪問コンサート」が始まり、今日は袋井西小学校にお邪魔しました。

この活動は、月見の里学遊館の主催事業として、目の前で生演奏を聴くことで、クラシック音楽の楽しさや素晴らしさを心と体で強く感じていただき、子どもたちの音楽文化への関心を引き出すことを目的に毎年開催されています。

コンサートは、全校生徒と保護者が体育館に集まり、エルガーの「威風堂々」から始まりました。木管楽器の紹介コーナーでは「となりのトトロメドレー」が演奏され、思わず子どもたちが歌い出し、可愛い歌声を聴かせてくれました。また、金管楽器パートのラテン音楽「コパカバーナ」では、パーカッション奏者が学校の体育館にあった大きな紙の筒を即席の太鼓として持ち歩き、子どもたちの間に入って演奏し、子どもたちも先生方も楽しく音楽のリズムにのっていました。

恒例の指揮者コーナーでは、生徒2人と先生1人が指揮者になって、オーケストラを自由自在に動かしていました。

オーケストラの伴奏で合唱するコーナーでは、この日のために子どもたちが「袋井市歌」を練習し、子どもたちや先生方、保護者の皆さんとオーケストラが一体となって心に響く歌声を聴かせてくれました。

今年はクラシックの名曲に加えて、ラテンやアラブ、アニメの曲を交えながらのコンサートとなり、クラシック音楽は難しいという印象を吹き飛ばすあっという間の60分でした。

今年度は4校の小学校を訪問する予定です。

 

 

 

2017.05.02

【活動報告】カフェコンサートvol.23を開催しました。

3月18日(土)に、文字・文/ものづくりのワークショップルームにて、ジャズのカフェコンサートを開催しました。

今回は東京から、ブルーノートなどのご出演経験もあるアルトサックス・フルートの多田誠司さんをスペシャルゲストにお招きして、ピアノ小関信也さん、ドラム日内地貴則さん、ベース奥村貴宏さんとともに開催しました。

会場には満席の約100名のお客様にお越しいただき、コンサートは「Don’t Get Around Much Any More」からスタートしました。多田さんは、少し緊張されたお客様に語りかけながら「You Are Too Beautiful」や「The Night Has A Thousand Eyes」などを演奏し第一部が終了しました。第二部では、スティービー・ワンダーの名曲「Isn’t She Lovely」が演奏され、お客様は手拍子で曲に参加し、リズムにのって音楽を楽しんでおられました。

自由自在にサックスやフルートを操る多田さんの素晴らしい演奏技術や表現力に会場は圧倒され、4人の息の合った演奏から生まれるビートに心地よさを感じながら、2時間のコンサートはあっという間に終了しました。

お客様からは、「初めて参加しましたが、楽しく聴かせていただきました。」「毎回、音に演奏者の気持ちが入っていて感動します。」「サックスが入るととても迫力がありました。」「コーヒーやお菓子もいただけるなんて驚きました。」というようなお声をいただきました。

月見の里学遊館では、気軽に生の演奏に触れる場として、ジャズやクラシックのカフェコンサートを開催しています。次回は5月27日(土)14時開演のクラシックコンサートです。次回も、皆様のお越しをお待ちしています。

◆演奏曲目◆

Don’t Get Around Much Any More
Cantaloupe Island
You Are Too Beautiful
Black Orpheus
The Night Has A Thousand Eyes

I Let A Song Go Out Of My Heart
Stolen Moments
Isn’t She Lovely
How Insensitive
I’ll Remember April

Smile

 

 

 

 

 

2017.03.28

【活動報告】中学校の体育館にてオーケストラ学校訪問コンサートを開催!

3月9日(木)に、オーケストラによる「学校訪問コンサート」を周南中学校の体育館にて開催しました。

この活動は、月見の里学遊館の主催事業として、目の前で生演奏を聴くことで、クラシック音楽の楽しさや素晴らしさを心と体で強く感じていただき、生徒たちの音楽文化への関心を引き出すことを目的に一昨年前から開催されています。

今回は初めての中学校訪問となり、中学生に合わせた選曲で、エルガーの「威風堂々」やベートーヴェンの「運命」などのクラシック名曲に加え、葉加瀬太郎の「情熱大陸」や映画音楽「ウェストサイドストーリー」なども演奏されました。「情熱大陸」の曲が流れると、テレビでよく聴いている曲のためか会場からざわめきが起き、それまで静かに聴いていた生徒さんたちは指揮者の手拍子に合わせて楽しそうに手拍子で曲へ参加していました。オーケストラと共演のコーナーでは「旅立ちの日に」を演奏に合わせて合唱し、卒業を迎える3年生を送り出す気持ちをこめて歌っていました。

来年度も市内の学校を回り、多くの児童・生徒さんたちに生の音楽をお届けできればと思っています。

小DSC_0010 小DSC_0022

小DSC_0035 小DSC_0042

 

 

 

2017.03.12

[WS報告]picnic sweets Vol.3 アイシングクッキー

先日アイシングクッキーのワークショップが無事に行われました!

午前午後の二講座でしたが、どちらも満席のワークショップとなりました。

ありがとうございました。

午前中は、親子で楽しみながらのアイシングクッキー体験でした。

16729000_979523152177716_1544874364701404946_n

親子レッスンでは、バレンタインをテーマに行いました。

まずは、親子で協力して色づくりです。

16684328_979523058844392_6937147112634789559_n

少しずつ色を加えながら、アイシングクリームと混ぜていきます。

ちょっとベースは硬いので、交代しながら頑張っていました!

赤・ピンク・茶 を組み合わせることで、それぞれオリジナルのピンクが出来上がるのがうれしいですね!

 

16711652_979522715511093_8971586849061831636_n

そして、講師の宮下梨沙さんの指導の下、親子でアイシングに挑戦です!

16730375_979522942177737_3624048062708132115_n

ラインの引き方や塗り方など、それぞれ硬さの違うクリームを使い分けていました。

16711859_979523025511062_6638534714733337970_n

みなさん上手!くまさんを乾かしている間にハートにアイシングしました。

順序も大切なんですね~

この後、固まったくまさんに顔を書いていきました。

16730234_979522858844412_4930429758532634835_n

みなさんとってもかわいくできましたね♡

 

午後は、大人のレッスン!基本の技を集中的に学べるお得なワークショップです!

16711975_979522692177762_703975429636870160_n

宮下さんのデモンストレーションもあり、さすがの腕前に見入ってしまいました♡

16711628_979522665511098_7386471391703211031_n

そこからはみなさん個々に集中して作業!

凝ったデザインの方もいて、はじめての方も素敵な仕上がりでした。

16684247_979522635511101_886565572640497840_n

16708439_979522645511100_3909927993786016069_n

みなさん!ご参加いただきありがとうございました♡

ぜひおうちでもチャレンジしてみてくださいね!

2017.02.17

【活動報告】第九コンサートを開催しました。

月見の里学遊館の開館15周年を記念して結成された「月見の里合唱団」による第九コンサートを2月5日(日)に開催しました。

集まった75名の合唱団員のうち7割が第九を歌うことは初めてということで、楽譜を読むことやドイツ語の発音に苦労しましたが、6月から20回の練習を重ねていくうちに、少しずつ出なかった高音が出たりドイツ語の発音にも慣れ、本番の日を迎えることができました。

初めての試みにも関わらず、会場にはたくさんのお客様にご来場いただき、堺武弥先生指揮、掛川市民オーケストラの皆さんの力強い演奏によって始まりました。ソリストには、バスとして袋井出身の声楽家 加藤宏隆さん、テノールには合唱の指導をしてくださった杉浦久喜先生、メゾソプラノには佐藤典子さん、ソプラノは中島実紀さんが出演され、鍛えられた心に響く声に会場の皆さんが惹きつけられました。

いよいよ合唱団の歌声を披露する時となり、先生たちからいただいた、「笑顔で!」「前を向いて堂々と!」「お客様に喜びを伝える気持ちで!」などのアドバイスを胸に、ソプラノ、アルト、テノール、バスのハーモニーを響かせました。10代~70代の様々な世代の団員が心を合わせて歌い、テンポや曲調がどんどん変わる難しい場面を乗り越え、最後の演奏が終わった瞬間、会場からは大きな温かい拍手をいただきました。

合唱団として参加された方からは、「歌い終わって本当にほっとした。楽しかった!」「初めての人でも第九は歌うことができる曲だと思った。」「お客様が喜んで帰ってくださったことが一番嬉しかった!」「生のオーケストラと一緒に歌えて感激した。」などの感想をいただきました。

小DSC_0022  小DSC_0067小DSC_0092 小DSC_0385

また、第一部では、掛川市民オーケストラの皆さんによって「ピンクパンサー」や曲中にタイプライターを使用するルロイ・アンダーソンの「タイプライター」が演奏され、堺先生の軽やかな指揮とお客様を和ませるトークで初めての方にもクラシック音楽が堅苦しいものではなく、楽しんで聴いていただける音楽であることを教えてくださいました。

参加してくださった合唱団の皆さん、熱心に指導してくださった杉浦先生、斉藤先生、楽しいトークであっという間に団員の心を惹きつけた堺先生、練習の伴奏をしてくださったピアニストの皆さん、たくさんの方々に支えていただき、開館15周年を歓喜の歌で迎えることができました。

来年も第2回第九コンサートを開催する予定です。初めての方も一緒に歓喜の歌を歌いませんか?来年は、レベルアップした合唱を皆様にお見せできるよう練習を重ねていきたいと思っています。

 

2017.02.07