お知らせ

【室内楽アカデミー2019】袋井市役所にて街なかコンサートを開催しました!

アカデミー4日目の今日は、袋井市役所にて「街なかコンサート」を開催しました。

受講生の山﨑景さん(フルート)、村松理紗さん(ヴァイオリン)、中津川百世さん(電子ピアノ)によるトリオのアンサンブルで、葉加瀬太郎の「ひまわり」やアラジンの「ホールニューワールド」などが演奏され、暑いなか、100名以上のお客様にお越しいただきました。

明日は、中東遠総合医療センターにて無料のミニコンサートを、24日は法多山にてミニコンサートを開催します。

いつもと一味違ったひと時をお過ごしください。皆様のご来場をお待ちしております。

【袋井市役所での街なかコンサート】

2019.08.22

【室内楽アカデミー2018】全日程が終了しました!

8月20日(月)から開催していました「月見の里室内楽アカデミー」は、26日(日)をもちまして全日程を終了することができました。今年も熱心にご指導くださった先生方、全国から集まってくださった受講生の皆さん、運営を支えてくださったボランティアの皆さんに心より感謝申し上げます。

アカデミー後半の25日はジュニアコースの皆さんがレッスンの成果を披露する「ファイナルコンサート」が開かれ、26日にはマスターコースの「ファイナルコンサート」も開催しました。また、25日には、受講生と講師によるコンサートを法多山でも開催しました。

ファイナルコンサートでは、受講生の皆さんがアカデミーでの練習の成果を存分に発揮され、時に力強く、時に優雅に講師の先生方と見事なアンサンブルを披露してくださいました。

アカデミーでのレッスンや人との出会い、新しい経験が糧になり、これからさらに受講生の皆さんにとって充実した1年となることをお祈りしております。また、来年、月見の里室内楽アカデミーにてお会いしましょう。有難うございました。

【ジュニアコースファイナルコンサートの様子】

【修了式の様子】

2018.08.28

【室内楽アカデミー2018】講師スペシャルコンサートと中東遠総合医療センターにて街なかコンサートを開催しました!

◆講師スペシャルコンサート◆

昨日は「講師スペシャルコンサート」を、うさぎホールにて開催しました。
今年は占部由美子先生(ピアノ)、上田晴子先生(ピアノ)、田村明子先生(ピアノ)、宮本いずみ先生(ピアノ)、ゲッツ・ハルトマン先生(ヴァイオリン)、小林幸子先生(ヴァイオリン)、上野美科先生(ヴァイオリン)、ローズマリー・ケラー先生(ヴィオラ)、櫻井健先生(チェロ)、高城晶一先生(チェロ)、酒井秀明先生(フルート)総勢11名にご出演いただきました。

コンサートは、モーツァルト「ピアノ4重奏曲 第1番 ト短調」やドビュッシー「ヴァイオリンソナタ 第2,3楽章」などが演奏され、11名の先生方による心地よいハーモニーに、ご来場いただいた150名の皆さんが引き込まれる1時間となりました。

◆中東遠総合医療センター 街なかコンサート◆

同じく24日に、室内楽アカデミーの一環として、中東遠総合医療センターにて「街なかコンサート」を開催しました。
石塚和美さん(ヴァイオリン)、沖佐知江さん(チェロ)、伊藤絢さん(キーボード)が出演し、ホルストの「ジュピター」、サン・サーンス「白鳥」や「上を向いて歩こう」「川の流れのように」などが演奏されました。また、今回は特別出演として中東遠総合医療センター宮地正彦院長にもご出演いただき、コンサートの最後は院長を含めた4名でパッヘルベルの「カノン」を演奏していただきました。

会場には、入院されている患者さんやそのご家族、病院関係者以外にも周辺地域の皆さん、およそ180名が鑑賞され、出演者の奏でる美しい響きに耳を傾けていました。

また、院長先生からは「普段は一人で弾くことが多いので、他の出演者の皆さんと一緒に演奏することができて、とても楽しく素晴らしい経験ができた。」とのお言葉をいただきました。

2018.08.25

「室内楽アカデミー2018」須川コースのファイナルコンサート、 袋井市役所での街なかコンサート、講師座談会を開催しました。

◆サックス須川コース「ファイナルコンサート」◆

昨日は3日間のレッスンを終了したサックス須川コースの修了式と「ファイナルコンサート」を開催しました。

講師の須川展也さんや担当講師戸村愛美さんと受講生による「シーガル」でコンサートの幕をあけました。12名の受講生が舞台で講師と共演し、3日間の集大成となるコンサートで、思う存分レッスンの成果を発揮しました。その後、講師による「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ2番より シャコンヌ」などが演奏され、日本を代表するサックス奏者須川先生の美しい響きに観客は聴き入っていました。また、今年も受講生とともに近隣のサクソフォン愛好家の皆さんがコンサートに加わり「ディズニーメドレー3」と「オーメンズ・オブ・ラブ」が演奏されました。普段見ることのできない35名による迫力の演奏を披露し、大盛況のうちにコンサートは終了しました。
ファイナルコンサート前には修了式が行われ、須川コースは昨日で無事全日程を終了することができました。毎年、熱心にご指導くださる須川先生、戸村先生、参加くださった受講生、コンサートの一般参加者の皆様に心から感謝申し上げます。一部、須川先生のお父様よりお写真の提供をいただきました。感謝申し上げます。

◆袋井市役所・市民ホールでの街なかコンサート

室内楽アカデミーの一環として袋井市役所のロビーにて「街なかコンサート」を開催し、約100名のお客様が受講生による演奏を堪能しました。
受講生の浦井歌蓮さん(1st ヴァイオリン)、牧野はるかさん(2nd ヴァイオリン)、齋藤萌葉さん(ヴィオラ)、佐々木美緒さん(チェロ)が出演され、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」や久石譲の「Summer」、ピアソラの「リベルタンゴ」、映画音楽の「パイレーツ・オブ・カリビアン」などが演奏され、クラシックの名曲だけでなくテレビや映画などで耳なじみの曲もあり、普段クラシック音楽に馴染みのない方にもお楽しみいただけるコンサートとなりました。また、今回は中高生受講生の皆さんに演奏していただき、若いエネルギーがお客様に存分に伝わる演奏となり大変好評をいただきました。

◆講師座談会◆

受講生を対象に講師による座談会が開催されました。普段、国内外で活躍されている講師の貴重な体験やアドバイスを聞く機会となりました。

受講生から質問として、他の楽器とアンサンブル(合奏)する際の難しさについて質問があり、講師からは「人と人とのコミュニケーションと同じで、相手の音(話)をよく聴き相手との相違部分を理解して自分の意見を言ったり、相手の意見を聞き入れるバランスを取ることが必要です。」など多くの助言をいただきました。

また、ローズマリー先生からは特にジュニアの皆さんに向けて「発表会のためにレッスンを受けるのではなく、新しく出会った仲間と新しい体験をすることに楽しみを感じてほしい。」と仰っていました。

2018.08.24

【室内楽アカデミー2017】全日程が無事に終了しました!

8月21日(月)から開催していました「月見の里室内楽アカデミー」は、27日(日)をもちまして無事に全日程を終了することができました。今年も熱心にご指導くださった先生方、全国から集まってくださった受講生の皆さん、運営を支えてくださった皆さんに心より感謝申し上げます。

アカデミー後半の26日はジュニアコースの皆さんがレッスンの成果を披露する「ファイナルコンサート」が開かれ、27日にはマスターコースの「ファイナルコンサート」も開催しました。

先生方からは、「一年ぶりに再会した受講生の皆さんは大きく成長されていて、本当に驚いた。」「一緒に演奏する楽しさを忘れないで、またそれぞれの場所に戻って成長していってほしい。」「一人で演奏するコンクールやアカデミーは多いが、アンサンブルが学べるアカデミーは全国的にも珍しく貴重で、これからも続けてほしい。」というようなお言葉をいただきました。

また、来年、皆さんと一緒に音楽の素晴らしさに触れる一週間を過ごせることを楽しみにしています。そして、それぞれの場所での受講生の皆さんのご活躍を心からお祈りしています。有難うございました。

【マスターコースファイナルコンサートの様子】

【修了式・パーティーの様子】

2017.08.29

【室内楽アカデミー2017】講師スペシャルコンサートを開催しました!

25日に室内楽アカデミーの一環として、「講師スペシャルコンサート」を開催しました。

占部由美子先生(ピアノ)、ゲッツ・ハルトマン先生(ヴァイオリン)、酒井秀明先生(フルート)、田村明子先生(ピアノ)、宮本いずみ先生(ピアノ)にご出演いただき、コンサートは酒井先生と宮本先生による「ボルヌ:カルメン幻想曲」から始まりました。2曲目は田村先生、ゲッツ先生による「ブラームス:ヴァイオリンソナタ第2番イ長調府第1楽章」が3曲目は占部先生、酒井先生による「プロコフィエフ:フルートソナタニ長調第3、第4楽章」が演奏され、ご来場いただいた受講生や月見の里ジュニアオーケストラのメンバーは、先生方の圧倒的な技術と時に優雅で時に力強い表現力に引き込まれた、あっという間の40分間でした。

明日はマスターコースのファイナルコンサートがうさぎホールにて開催されます。当日券を販売しますので、皆様のご来場をお待ちしております。

 

【講師スペシャルコンサートの様子】

2017.08.26

【室内楽アカデミー2017】サックス須川展也コースのファイナルコンサートを開催しました!

昨日は室内楽アカデミーのレッスンの成果を披露する「サックス須川展也コースファイナルコンサート」を開催しました。

まずは、講師の須川展也さんや戸村愛美さんなどによる「グラーヴェとプレスト」が演奏され、素晴らしい技術と表現力で披露される曲に聴衆の皆さんは聴き入っていました。その後、受講生による「ラプソディ」や「ディズニーメドレー」が演奏され、4日間のレッスンの成果を存分に披露してくださいました。また、今年も受講生とともに近隣のサクソフォン愛好家の皆さんがコンサートに加わり「アルメニアン・ダンス」が演奏されました。普段見ることのできない30名による迫力の演奏を披露し、大盛況のうちにコンサートは終了しました。

お客様からは、「クラシックのサクソフォンで、しかもこのような大人数の演奏を聴いたことがなかったので、演奏に圧倒されたし心に響いた。」「須川さんの演奏の素晴らしさに感動した。」というようなお言葉をいただきました。ファイナルコンサート終了後、修了式が行われ、須川コースは昨日で無事全日程を終了することができました。

明日は、法多山での出張コンサート「寺コン」も皆様にお聴きいただくことができます。当日券も若干枚数ございますので、皆様のご来場をお待ちしております。

【須川コースファイナルコンサートの様子】

2017.08.25

【室内楽アカデミー2017】開講式とウェルカムパーティーを開催しました!

「月見の里室内楽アカデミー2017」が8月21日より始まり、今日は開講式とウェルカムパーティーが行われました。71名の受講生と講師、運営にご協力いただいている皆さんが集い、先生や仲間との再会を喜んでいました。また、今日からマスタークラスとジュニアクラスのレッスンも始まりました。

明日は、サックス須川コースのファイナルコンサートを開催します。約40名の受講生と一般参加者によるサックスの演奏だけでなく、日本が世界に誇るサックス奏者須川展也さんの演奏もお聴きいただくことができます。当日券も販売いたしますので、皆様のご来場をお待ちしております!

【レッスンやウェルカムパーティー、開講式の様子】

2017.08.23

【活動報告】今年度のオーケストラによる学校訪問コンサートが終了しました。

今年も「月見の里うさぎオーケストラ」による「学校訪問コンサート」を袋井市内の下記小学校にて4回開催しました。

①5/2(火)袋井西小学校 ②5/12(金)三川小学校 ③6/1(木)笠原小学校 ④6/6(火)浅羽北小学校

コンサートは、全校生徒と保護者が体育館に集まり、エルガーの「威風堂々」から始まりました。楽器紹介のコーナーでは、オーケストラで使用されている楽器について学び、たくさんの子どもたちが楽器の名前をあてる質問に答えてくれました。また、金管楽器紹介のラテン音楽「コパカバーナ」では、先生たちもマラカスなどの楽器を持ってリズムに乗りながら演奏に参加していただきました。

「カルメン」では、笠原小学校の全校生徒や浅羽北小学校の6年生がオーケストラ奏者の足元に集まり、更に間近で演奏を聴く体験をしました。

後日、子どもたちからは「素敵な演奏を聴かせてくれて有難う。聴いていて嬉しい気持ちになりました。」「演奏家の人たちは、努力をして苦労したりして上手に弾けているんだなと思いました。」「まるで歌が物語を語っているようでした。」というような素晴らしい感想をいただきました。

来年は、また多くの子どもたちにオーケストラの生演奏をお届けしたいと思っております。

※Facebookでは、コンサートの様子を動画で発信しておりますので、ぜひ、ご覧ください。

https://www.facebook.com/tsukiminosato2014/

 

 

2017.06.10

【活動報告】小学校の体育館にてオーケストラによる学校訪問コンサートを開催!

今年も「月見の里うさぎオーケストラ」による「学校訪問コンサート」が始まり、今日は袋井西小学校にお邪魔しました。

この活動は、月見の里学遊館の主催事業として、目の前で生演奏を聴くことで、クラシック音楽の楽しさや素晴らしさを心と体で強く感じていただき、子どもたちの音楽文化への関心を引き出すことを目的に毎年開催されています。

コンサートは、全校生徒と保護者が体育館に集まり、エルガーの「威風堂々」から始まりました。木管楽器の紹介コーナーでは「となりのトトロメドレー」が演奏され、思わず子どもたちが歌い出し、可愛い歌声を聴かせてくれました。また、金管楽器パートのラテン音楽「コパカバーナ」では、パーカッション奏者が学校の体育館にあった大きな紙の筒を即席の太鼓として持ち歩き、子どもたちの間に入って演奏し、子どもたちも先生方も楽しく音楽のリズムにのっていました。

恒例の指揮者コーナーでは、生徒2人と先生1人が指揮者になって、オーケストラを自由自在に動かしていました。

オーケストラの伴奏で合唱するコーナーでは、この日のために子どもたちが「袋井市歌」を練習し、子どもたちや先生方、保護者の皆さんとオーケストラが一体となって心に響く歌声を聴かせてくれました。

今年はクラシックの名曲に加えて、ラテンやアラブ、アニメの曲を交えながらのコンサートとなり、クラシック音楽は難しいという印象を吹き飛ばすあっという間の60分でした。

今年度は4校の小学校を訪問する予定です。

 

 

 

2017.05.02

123